トップページ >> イベント情報 >> 講座・講演≫ 講座「今比丘尼が絵解く曼荼羅図」

講座「今比丘尼が絵解く曼荼羅図」

開催日 :第4回 平成30年10月7日(日)

時  間: 午前11時〜正午 、午後1時〜2時   

場  所:展示棟ロビー

料  金:無料
定  員: 30名程度
講  師: 玉置 仁美氏(新宮市観光ガイドの会)

■詳細
 中世から近世にかけ、地獄極楽の絵解きをしながら、熊野三所権現勧進や布教のため諸国を歩いた尼僧の熊野比丘尼。
 絵解きとは、絵画の内容を口頭で解説することです。比丘尼たちは独自の語り口で、聴衆を引きこむ工夫をしていたことでしょう。また、聴き入る人々は、それぞれの物語のイメージを膨らませて聴いていたことでしょう。
 本講座では、今比丘尼という形態で曼荼羅図の絵解きをおこない、当時の絵解きの様子を再現します。
 絵解きをおこなう曼荼羅図は、人間の一生と死後の世界を描いた「熊野観心十界図」と那智大社を旅人に重ねて解説する「那智参詣曼荼羅図」で、熊野比丘尼に扮して絵解き実演します。実演は新宮市観光ガイドの会所属会員で 、開催月に1人の会員を派遣していただきます。

【スケジュール予定】
 11:00〜12:00 「那智参詣曼荼羅図」と「熊野観心十界図」をそれぞれ1回絵解き実演
 13:00〜14:00 同上

  絵解きの様子


ージのトップへ