トップページ >> イベント情報 >>新しい古道の歩き方「 古の道〜尾鷲道トレッキング〜 」

新しい古道の歩き方「 古の道〜尾鷲道トレッキング〜 」

開 催 日: 10月22日(土) 午前4時〜午後5時 ※雨天の場合は10月23日(日)に延期

参 加 費: 5,000円(バス送迎代、保険料を含む)

定   員 : 20名(要申込・抽選)

受付方法: 往復ハガキ (必要事項を明記の上、9月20日必着)
       ・9月1日(木)〜9月20日(火)着信の往復ハガキ申込みのみ受付。
       *申込住所 / 〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4 三重県立熊野古道センター 尾鷲道係迄
       ・往信ハガキの裏に住所、氏名、年齢、性別、生年月日、電話番号と最近3年間の主な山行
        経歴を明記。返信ハガキの表には、応募者の住所、氏名を明記。
       ・1枚のハガキに2名まで申込み可能。その場合は、2名分の必要事項を明記。
       ・抽選は9月21日に実施。その後、応募者全員に返信ハガキで結果を連絡。

募集期間 : 9月1日(木)〜9月20日(火)
対   象 : 登山経験者(連続歩行10時間、歩行距離24q、累積標高+731m −2,099mの登山に耐え
        られる方) ※累積標高とは全行程登りの総和(+)、下りの総和(−)

開催場所 : 奈良県大台ケ原〜尾鷲辻−(尾鷲道)−尾鷲市古和谷

■詳細
 

  尾鷲市から大台ケ原へ登る唯一の登山道である尾鷲道を歩くトレッキングを開催します。この道は奈良県大台ケ原にある大台教会へ参拝するための参詣道として、尾鷲の林業家土井輿八郎が大正4(1915)年に拓いた道です。かつてはこの尾鷲道を利用して多くの参詣者や登山者が大台ケ原への行き帰りに利用した道ですが、長い間歩く人が途絶え廃道となっていました。しかし、近年の登山ブームで訪れる登山者が多くなり、指導標が未整備ながら歩けるまでに復活しました。道中には木材搬出用の軌道跡やインクライン跡などの遺産が見られ、また大峯山脈をはじめ紀伊山地の山並みを望むことができる素晴らしい道です。
 今回のこのトレッキングツアーは、尾鷲道復活と先人が拓いた尾鷲道に自然・歴史や遺産などの素晴しさを体感し、再認識していただくことを目的に開催します。

〈スケジュール予定〉※天候等の状況によりコース変更あり
  3:30 受付(熊野古道センター駐車場)
  4:00 出発 (28人乗りマイクロバス) 大台ケ原駐車場へ
  6:15 大台ケ原駐車場到着
  6:30 トレッキング開始
  大台ケ原駐車場→尾鷲辻→マブシ峯→木組峠→又口辻→古和谷入口ゲート
 16:30 古和谷入口ゲート着  (マイクロバス迎え)
 17:00 終了、解散 (熊野古道センター駐車場)
雷峠付近から大蛇ーを望む
マブシ峯付近から東の川、竜口尾根を望む
古和谷上流部のインクライン跡

ージのトップへ