トップページ >> イベント情報 >>企画展スケジュール>>展示棟ロビー展≫ 奥熊野の生活古道と石造物

展示棟ロビー展「 奥熊野の生活古道と石造物 」

期   間: 平成29年6月24日(土)〜7月17日(月・祝)  

時   間: 午前9時〜午後5時 *会期中無休  

場   所: 展示棟ロビー

入 場 料: 無料

■詳細

 熊野市内にはかつて人々の暮らしをささえていた集落と集落を結ぶ生活道があちらこちらにありました。しかし、これらの多くは自動車の普及とともに車道が整備され、利便性のある車社会へと変わり、道は廃れいつしか忘れられた存在となりました。

本展では、市内8か所の生活古道とそこに佇む石造物にスポットをあて、地図や写真を用いて現在の様子をパネルで紹介します。中でも、神川町と育成町を結ぶ「日暮峠」は戦時中、住民が配給の物資をもって往来したことや、五郷町の「座崩越え(ざのこえ)」は峠を越えて小学生が通学に使ったことで知られています。

石畳をはじめ、道の傍らに佇むお地蔵さまや道標をとおして、往時の庶民の哀歓を偲んでください。

 いやの峠茶屋後からの熊野灘 いやの山越中間部にある道標

                                         写真提供:向井弘晏氏


 


ージのトップへ