トップページ >> イベント情報 >> 体験学習≫ 熊野古道自然学校「磯の観察会〜見つけよう!不思議な海の生きものたち」

熊野古道自然学校「磯の観察会〜見つけよう!不思議な海の生きものたち」

期  間: 平成29年7月22日(土)午前10時〜正午*雨天・高波の場合は翌日に延期

時  間: 午前10時〜正午    

場  所: 尾鷲市行野浦海岸  *集合:熊野古道センター

料  金: 500円(保険代、資料代含む)
定  員: 20名(要申込、応募多数の場合は抽選)
講  師: 栗藤和治氏(日本自然保護協会自然観察指導員)

受  付: 6月22日(木)〜7月15日(土)午後5時まで

■詳細

  熊野古道センターでは、熊野古道やその周辺の自然を活用し、小学生からシニアまで幅広い年代を対象としたフィールドワークを開催しています。今年度第2回の熊野古道自然学校では、熊野灘沿岸の海辺の生き物について学ぶ「磯の観察会」を、当センターから10分程の場所にある行野浦海岸にて行います。
 紀伊半島の東側にある熊野灘は、黒潮の影響で水温が高く、冬でも温かいため、生き物も豊富です。熊野灘にはたくさんの入り江があり、海岸は、砂浜が少なく、ほとんどが「いそ」と呼ばれる岩礁海岸です。このような磯では、干潮時に普段は水の中にいて見ることができない様々な生物を、海に潜らなくても観察することができます。この満潮と干潮の間に現れる場所を潮間帯と呼び、場所によってみられる生物の種類が異なるため、これらを観察することで分布状態を知ることができます。例えば、潮間帯上部の乾いた岩には、タマキビが、その下の濡れた岩にはヒザラガイやイシダタミなどの巻貝が、タイドプール(潮だまり)では、海藻やヤドカリ、イソギンチャクなどを見つけることができます。
 生き物たちがどのような場所で、どのような生活をしているかを、実際に見て、触れて、感じて、学びます。

≪スケジュール予定≫
  9:30 受付開始(熊野古道センター)
  10:00 挨拶、講師紹介、行程説明
  10:10 行野浦海岸へ移動
  10:20  生物観察会、解説
  11:45 まとめ
  12:00 終了
*都合により、予定時間や内容を変更する場合があります。

行野浦海岸
観察会の様子

 


ージのトップへ