トップページ >> イベント情報 >>講演会>>講演会「 熊野の深い魅力〜スサノオの熊野とアマテラスの伊勢を中心に〜 」

講演会「熊野の深い魅力〜スサノオの熊野とアマテラスの伊勢を中心に〜

開催日時: 平成29年9月9日(土)午後1時30分〜3時

講  師: 池田雅之氏(早稲田大学名誉教授)

場 所:映像ホール  

入場料:無料

定  員:80名(要申込・先着順)
申込期間: 平成29年8月9日(水)〜9月8日(金)

主 催:三重県立熊野古道センター

■詳細
 

 尾鷲市生まれで、記紀神話に関する造詣が深い、池田雅之氏(早稲田大学名誉教授)を迎え、スサノオとアマテラスの二神を祀る信仰スポットとしての熊野と伊勢についてお話していただきます。熊野は、古の時代から宗派を超えた宗教的霊地として、多くの人々の憧れの聖地となり、また救済の地とされてきました。そして、厳しい自然と調和しつつ独自の風土を形成してきました。
 荒ぶる暗闇の神スサノオと顕れ出る光の神アマテラス。この姉弟神が、それぞれ熊野と伊勢に主祭神として祀られている理由を、二神の物語を通して、熊野と伊勢という場所の意味を問い、日本人の信仰と巡礼の旅の根拠、そして神話の時代から大切に守り伝えてきた伝承や文化についての現代的意義を考えます。


スケジュール予定
 13:00   開場
 13:30   講演「熊野の深い魅力〜スサノオの熊野とアマテラスの伊勢を中心に〜」
 14:45    質疑応答
 15:00    終了



≪講師紹介≫
池田 雅之(いけだ まさゆき)
1946年尾鷲市に生まれ、東京育ち。
早稲田大学文学部英文科卒業。
早稲田大学名誉教授。同大学先端社会科学研究所研究員。
比較文学者・翻訳家。
npo法人鎌倉てらこや理事長を経て、現在顧問。
社会貢献活動に対して、文部科学大臣激励賞、正力松太郎賞を受賞。
早稲田大学において、毎年、三重県(東紀州振興公社)の支援により、熊野講座を開講し、実地学習の世話人も務めている。

≪著書・著作物≫
 ・共生と循環のコスモロジー(成文堂 2005年(平成17)
 ・お伊勢参りと熊野詣(かまくら春秋社 2013年(平成25)10月)
 ・古事記と小泉八雲(かまくら春秋社 2013年(平成25)3月)
 ・100分de名著 小泉八雲 日本の面影(NHK出版 2015年(平成27)
≪翻訳≫
 ・T・S・エリオット『キャッツ−ポッサムおじさんの猫とつき合う法』
 (ちくま文庫 1995年(平成7)12月)
 ・ラフカディオ・ハーン『日本の面影(1)』(角川文庫 2000年(平成12)
 ・ラフカディオ・ハーン『日本の面影(2)』(角川文庫 2015年(平成27)
 




 


ージのトップへ