トップページ >> イベント情報 >>新しい古道の歩き方「 紀伊の玄関口を歩く〜ツヅラト峠道・荷坂峠道巡り 」

新しい古道の歩き方「 紀伊の玄関口を歩く〜ツヅラト峠道・荷坂峠道巡り 」

開 催 日: 平成28年12月3日(土) 午前8時30分〜午後16時00分 ※雨天の場合12月4日(日)に延期

参 加 費: 500円(保険料・資料代含む)

定   員 : 20名(要申込・応募多数の場合抽選)

講   師 : 東 眞人氏(熊野古道語り部友の会会員)

募集期間 : 11月3日(木)〜11月24日(木)午後5時まで
集合場所 : 道の駅まんぼう

持 ち 物 : 歩きやすい服装と靴、弁当、飲料、雨具、虫よけ、 トレッキングポール、
        その他各自必要なもの

そ の 他 : 健脚者向け(約17q、歩行時間約6時間)

■詳細
 

  元和5年(1619)、紀州徳川家の祖となる徳川頼宣は和歌山入府以来、藩政の諸政策を進める中で特に街道整備に重点を置き、寛永12年(1635)に和歌山から新宮までの熊野古道中辺路に、田丸までの伊勢路を加え、一貫した「熊野街道」としました。大紀町大内山栃古から紀北町紀伊長島志子に至る「ツヅラト峠越え」が、東側の峠道「荷坂峠越え」の路線に変更されたのも、この時であると考えられます。
 今回の新しい古道の歩き方は、熊野古道語り部友の会会員の東眞人さん案内のもと、紀伊の玄関口であるツヅラト峠道と荷坂峠道の2つの峠道を巡ります。
 両峠道とも伊勢と紀伊を結ぶ重要な街道であるとともに、地域住民の大切な生活道として利用されてきました。ツヅラト峠道の江戸時代以前の道、荷坂峠道の江戸時代と明治時代の道、時代の変遷とともに移り変わってきた峠道を歩き、道中の歴史や史跡を学び、文化的景観を体感します。


<スケジュール>
 8:00  受付(道の駅まんぼう 駐車場)
 8:30  講師紹介、準備運動
 8:40  出発
11:00  ツヅラト峠
12:00  定坂公園で昼食
13:30  荷坂峠
15:30  道の駅まんぼう 

                   ツヅラト峠道 山の神

       大紀町下里の西国三十三所観音石仏群

ージのトップへ