トップページ >> イベント情報 >>  企画展「熊野杉葉線香ものがたり 〜蘇れ!ふるさと産業〜」

企画展スケジュール

企画展「熊野杉葉線香ものがたり 〜蘇れ!ふるさと産業〜」

期    間: 平成20年11月1日(土)〜1月12日(祝) *12月31日(水)、1月1日(木)は休館*入場無料*

開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)

場    所: 展示棟 企画展示室

■展示概要 

 ほんの数10年前まで、熊野にもたくさんの水車が回っていました。 米や小麦を搗いたり、水車の役割はさまざまでしたが、山から集めてきた杉葉を粉にする水車は「線香車」と呼ばれていました。そして、その杉葉粉を棒状に固めてお線香にしたものが杉葉線香です。
 林業が盛んで豊富な水資源に恵まれた東紀州では、この杉葉粉生産 が重要な産業のひとつでした。
熊野地方においては幻の産業となってしまいましたが、素材も動力もみな自然からもらう、杉葉線香産業はどのようにして生まれ、 どんな“ものがたり”を繰り広げてきたのでしょうか。その頃の面影を今に伝える水車小屋跡が熊野市新鹿に残っていますが、残念ながら高速道路建設のためにまもなく取り壊されようとしています。
 熊野の山々、そこには杉や桧の豊かな森が育まれています。今また自然の恵みや先人の知恵について知ることで、消え行く伝統産業の新たな可能性を探ってみませんか?

展示内容
*香のはじまりから杉葉線香の誕生へ
*水車小屋のしごと -杉葉粉づくり-
*線香工場のしごと -線香づくり-
*杉葉線香ものがたりのこれから -熊野の杉でお線香をつくろう-

チラシのダウンロードはこちらをクリックしてください。(3.38MB、2ページ)

★付属企画★

♪12月8日(日)「実演!江戸時代の道具で線香づくり」
日本の線香産業発祥の地として伝統を引き継ぐ大阪府堺市の堺線香工業組合が、堺工科高校と協働して復元した江戸時代の線香押出機が、熊野古道センターへやってきます! 奥野晴明堂の奥野浩史氏をお迎えして、江戸時代の道具を使った線香づくりの実演を開催します。

  時間:午後1時30分〜午後3時30分
  場所:企画展示室
  入場無料・申込不要

♪12月7日(日)、1月11日(日) 新しい古道の歩き方「杉葉の道と、線香車を訪ねる」
※それぞれ単独開催
むかし、女性達が周辺の山々から杉葉を背負って通った道“八丁坂”を歩き、県内で唯一残る線香水車小屋跡を訪ねます。 →詳しくは、こちらをクリック

♪期間中の毎週土日「杉葉線香づくり体験教室」 
手作りで杉葉線香づくりに挑戦しましょう。予約なしで、企画展示室にて体験できます。
熊野の山の香りを、手作りしてお持ち帰りください!
 
  時間:午後1時30分〜午後3時30分(最終受付は3時20分まで)
  場所:企画展示室
  料金:100円(申込不要) →詳しくは、こちらをクリック
 
・・・他イベント日などでお休みする場合があります。詳しい日程は順次ホームページ上で発表しますのでご確認いただくか、直接センターへお問い合わせください。

<12月の体験教室予定>
 6日(土)、13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
※大変申し訳ありませんが、7日(日)はイベントのためお休みさせていただきます。

<お正月>
  1月2日(金)〜4日(日)
 


 
今は使われなくなった線香水車小屋(熊野市新鹿)        江戸時代の線香押出風景
ージのトップへ