トップページ >> イベント情報 >> 交流イベント≫ 第11回熊野古道フォトコンテスト

第11回熊野古道フォトコンテスト

        
<趣旨>
写真を通して熊野古道伊勢路の魅力を多くの人に伝え、世界遺産の価値を再認識するために熊野古道フォトコンテストを開催します。11回目を迎える今回は「熊野古道伊勢路“道”の魅力を伝える」をテーマに、熊野古道伊勢路の素晴らしさや後世の人々に道を守り伝えることの大切さを表現した作品を募集します。応募作品の審査は、風景写真家の竹内敏信氏に依頼し、入賞作品を活用することで道の魅力を広く情報発信します。

<応募期間>
平成29年7月1日(土)〜平成29年12月15日(金)
(郵送の場合、当日消印有効。熊野古道センターへの持参の場合、締切当日17時まで)

<審査委員>
   竹内敏信氏(公益社団法人日本写真家協会々員、熊野古道写真学校長)

<応募要項>
■募集テーマ − 「熊野古道伊勢路“道”の魅力を伝える」
あなたが伝えたい“道”の素晴しさ、未来へつなげる“道”の大切さを表現した作品を募集します。

■撮影場所
北牟婁郡紀北町、尾鷲市、熊野市、南牟婁郡御浜町、南牟婁郡紀宝町内を通る世界遺産登録資産で、熊野古道伊勢路の“道”を主体とした作品に限ります。
※以下は対象外とします。
・熊野古道伊勢路周辺の祭事や暮らしの風景などの文化・風習を撮影した作品。
・世界遺産登録資産の鬼ヶ城、獅子岩、花の窟、熊野川を主体とした作品。
・世界遺産周辺の史跡・名所の赤木城や丸山千枚田などを撮影した作品。

■応募資格
プロ・アマ問わずどなたでも応募可能です。

■応募条件
四切、四切ワイド、A4サイズのいずれかにプリントし、郵送または持参にて提出してください。

■応募方法
@応募票に必要事項を記入し、作品裏面に貼付の上郵送または持参にて提出してください。
A郵送代などの応募のために発生する費用は、応募者の負担とします。

■応募規定
@平成28年12月1日以降に、応募者本人が撮影しかつ著作権が応募者本人に帰属する未発表の作品に限ります。
A応募作品は1人5点までとし、組写真、額装、パネル貼りは不可とします。
Bパソコン処理による画像の合成、消去は不可とします。
Cデジタル、銀塩は問いません。またカラー、モノクロも問いません。
D入賞は、原則として1人1賞とします。
E入賞・入選作品は撮影原版(ポジ・ネガフィルムまたはデジタルデータ)を提出してください。提出できない場合は、入賞・入選を取り消します。
F被写体の肖像権は撮影者が承諾を得たうえで撮影してください。第三者からの権利侵害の苦情については、すべて応募者の責任とします。
G入賞および入選作品は、主催者が展示および広報活動のため、許諾なく無償で使用できるものとします
H入賞者および入選者の氏名、住所(市町村のみ)は公表します。
I応募作品は原則返却しません。

■表彰
最優秀賞  1点  賞状、賞金5万円
優 秀 賞  2点  賞状、賞金2万円
入  選  7点  賞状、記念品3千円相当

■審査発表
審査は平成30年1月末までに終了し、入賞・入選者には2月上旬に直接連絡します。また、審査結果は熊野古道センターHPで発表し、報道機関等に告知します。

■入賞・入選者表彰式 
平成30年2月25日(日)午後1時から熊野古道センター映像ホールにて開催します。

<共催>
三重県立熊野古道センター、東紀州地域振興公社

<応募先・問合先>
三重県立熊野古道センター フォトコンテスト係
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL(0597)25-2666  FAX(0597)25-2667

  


 


ージのトップへ