トップページ >> イベント情報 >>講演会>> 講演会「峰入‐大峯入峰修行の世界 -」

講演会「峰入‐大峯入峰修行の世界 -」

開催日時: 平成29年6月25日(日)  午後1時30分〜3時

講   師: 池田 淳(いけだ きよし)さん(吉野町教育委員会事務局主幹 兼 吉野歴史資料館長)

開催場所:映像ホールまたは交流棟大ホール  

入 場 料:無料

定   員:100名(要申込・先着順)
申込期間: 5月25日(木)〜6月24日(土)午後5時まで

共    催:三重県立熊野古道センター、吉野歴史資料館(奈良県吉野郡吉野町)

■詳細
 
三霊場のひとつ奈良県の「吉野・大峯」は古代から山岳信仰の対象の場として知られ、役行者ゆかりの聖地として最も重視される「吉野」、またこの吉野と熊野三山を結ぶ大峰山脈を舞台とする「大峯」からなる広大な霊場です。特に青峰ヶ峯から南部の「大峯」は、標高千数百m級の急峻な山々が続く日本第一の修験道の聖地で、山岳での実践行を重んじる修験道では、山に入って苦行を重ね踏破することを「奥駈」または「峰入」と称し、大峯はその舞台として知られます。
 本講演では、世界遺産吉野大峯活性化事業実行委員会が作成した『峰入 大峯入峯修行』記録映像※の視聴をとおして、峰入修行の民俗信仰を探ります。
※西の覗きや裏行場に初めてドローンを飛ばし、鳥の目の視点で峯入修行の行場を撮影したものです。

<スケジュール予定>
13:00   開場
13:30   講演 「峰入−大峯入峰修行の世界」
14:45    質疑応答
15:00    終了

【池田 淳 略歴】
 1958年新潟県生まれ。
 1991年より吉野町教育委員会事務局に勤務し、文化財行政を担当。 現在、教育委員会事務局主幹兼吉 野歴史資料館長

《主な論文》
・「大和の御田T〈本人執筆分「吉野水分神社における御田の組織と演者」〉」(『埼玉大学紀要』49‐1 埼玉大学教育学部)
・「大和の群小猿楽座と奈良阪の翁舞」(『奈良豆比古神社の祭礼と芸能』奈良地域伝統文化保存協議会)

 
西の覗きでの行
 
東の覗き(裏行場)での行
 
    






 


ージのトップへ