目の向きに合わせてカンナを使い分ける