トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート >> 平成20年度 熊野古道フォトコンテストの入賞・入選作品が決定しました!!

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

平成20年度 熊野古道フォトコンテストの入賞・入選作品が決定しました!!

2009年04月27日

最優秀賞「神宿す樹」(藤井徹郎)審査の結果、平成20年度 熊野古道フォトコンテストの入賞・入選作品が決定しました。
 熊野古道センターでは、東紀州観光まちづくり公社との共催により、「東紀州の四季」をテーマとしてフォトコンテストを開催し、平成20年度は15都府県から354点のご応募をいただきました。熊野古道フォトコンテストは、写真を通じて地域の魅力を再発見し、それを全国へ向けて発信してゆくためのコンテストです。
 そしてこの度、熊野古道写真学校長であり、社団法人日本写真家協会副会長でもある、日本風景写真の第一人者、竹内敏信先生の審査により、最優秀賞1点・優秀賞2点・入選作10点が決定いたしました。

 また審査委員長より、点数に制限があり入選・入賞には入れられなかったが、すばらしい作品であるということで、7点の作品が審査員特別賞となりました。

 今年度は、「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録5周年を記念したフォトコンテストを開催いたします。今回は世界遺産登録5周年にちなみ、撮影テーマが、東紀州内の熊野古道および世界遺産登録史跡・名勝(鬼ヶ城・七里御浜・花の窟・獅子岩・熊野川)の写った作品となる予定でおります。詳細は決定次第、改めてご報告いたしますが、この季節ならではの景色を今から撮影し、奮ってご応募いただければ幸いです。

≪審査結果(以下、敬称略  作品丸括弧内は撮影地)≫

◎最優秀賞 1点
藤井徹郎「神宿す樹」(紀北町紀伊長島区長島神社)
藤井徹郎「神宿す樹」(紀北町紀伊長島区長島神社)
【審査委員長からの講評】
 巨木をきっちりと撮影することで、歴史ある熊野古道がいかに貴重であるかを伝えることができる。タイトルが「神宿す樹」となっている。まさにこの樹に神様が宿っているのだと感じさせてくれる。
 纏わり付くこけ、巨木の象徴ともいえる大きなコブ。なんとも力強い作品だ。
 こういった歴史を深く感じる作品が、熊野古道写真コンテストに応募されて、とても嬉しい。







◎優秀賞 2点
東紀州観光まちづくり公社賞 清水一憲「寒風あびて」(七里御浜)
東紀州観光まちづくり公社賞 清水一憲「寒風あびて」(七里御浜)
【審査委員長からの講評】
漁を終えた人々がたくさんの魚を干している様子が写し出されている。魚の頭がたくさん捉えられており、異様な雰囲気を醸し出している。光線状態もいいしとても面白い作品である。




熊野古道センター賞  関口松男「北極星への道」(熊野古道馬越峠林道から紀北町海山区相賀を撮影)
関口松男「北極星への道」(熊野古道馬越峠林道から紀北町海山区相賀を撮影)
【審査委員長からの講評】
夜、星を撮影すると光り輝く曲線を写す事ができる。この作品は星の光跡を見事に計算して捉えられている。恐らく約1時間の露光によって捉えられた星の光跡は、美しくとても見事。地球と宇宙と人間が存在する所以を写し出されているような気がしてならない。そういう、星の光がとても印象的である。人も、星も一体である。そんなことを感じさせてくれる。


◎入選  10点
杉岡源市 「ハラソ祭り」(尾鷲市梶賀浦)
杉岡源市「ハラソ祭り」   










堀幸義  「彩やかに実る」(紀北町海山区矢口浦)
掘幸義「鮮やかに実る」









野中誠一 「ヤァーヤァー」(尾鷲市)
野中誠一「ヤァーヤァー」
    














下西正太郎「古道を見守りて」(尾鷲市八鬼山越え)
下西正太郎「古道を見守りて」
  







  
小林良美 「大馬の清滝」(熊野市井戸町大馬)
小林良美「大馬の清滝」
    














畑耕逸「灘慕情」(紀北町海山区白石湖)
畑耕逸「灘慕情」
    









陰地陽史 「光る石畳」(御浜町熊野古道横垣峠)
陰地陽史「光る石畳」
    








広田和夫 「里山の舞踏会」(熊野市五郷大井谷)
広田和夫「里山の舞踏会」
    








谷口明人 「船越の睡蓮」(紀北町海山区島勝浦船越)
null









    
西秀   「春風と競う」(尾鷲市曽根町城山公園)
西秀「春風と競う」
















◎審査員特別賞
    谷合操:三重県   「小さな漁港」(尾鷲市須賀利)
    筒井静代:大阪府  「祈り敷き詰めて」(熊野古道馬越峠)
    松永敏:三重県   「桧と山桜の共生」(紀北町海山区上里)
    塩崎剛尚:三重県  「霧流れる朝」(熊野古道馬越峠)
    山本光郎:三重県  「雨上がりの古道」(熊野古道馬越峠)
    中井為善:三重県  「家族で収穫」(熊野市丸山千枚田)
    奥田裕幸:三重県  「残照」(紀北町紀伊長島区長島港)

以上、敬称略




イベント情報

過去の記事

2019年08月の記事
2019年07月の記事
2019年01月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年05月の記事
2017年12月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事