トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート >> 平成23年6月18日 新しい古道の歩き方「筏師の古里・北山川の筏流し」を開催しました。

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

平成23年6月18日 新しい古道の歩き方「筏師の古里・北山川の筏流し」を開催しました。

2011年06月18日

北山川の激流を筏は下ります。三重県・奈良県・和歌山県の県境を流れる激流・北山川は、流域の木材を筏に仕立て「筏師」の巧みな操縦によって、熊野川を経て新宮まで流し下していました。本イベントは、筏師の信仰を集めた不動さんにお参りに行くウォーキングと北山川の観光筏流しを体験、そして、元筏師の方と囲んでのお食事会、温泉入浴を加えた豪華なツアーとなりました。

(6月12日に予定していましたが、悪天候に伴い6月18日に延期となったイベントです。)
 筏師の信仰を集めた不動さんにお参りに行くウオーキングからスタートです。
 さてさて、みなさん何に注目されているのでしょうか?
参加者のみなさんはなにを見ているのでしょうか)
西の峰に雲がかかると、雨模様とのことです。














 「西の峰(標高1123m)」に雲かかかると雨になると言われています。北山村のお天気バロメーターです。
 この日のお天気は、少し小雨に見舞われてしまいました。
 
 吊り橋を渡って、30分ほど木々の緑の中を歩きます。
吊り橋です。
炭焼き窯の跡です。









 途上、炭焼き窯跡もあります。山の暮らしの名残がそこかしこに見られるウオーキングです。
 目的地の不動神社に到着。
現在は、2月11日に観光筏の筏師さんや地元の方々でお祭りが行われております。








 みなさん、これから乗船する観光筏の無事をお祈りしておりました。

 いよいよ、北山川の筏に乗船です。
 第1の関門は、「オトノリ」と呼ばれる瀬。
 危険なので、跡取り息子の長男が乗らずに、弟が乗った場所ということからオトノリと名付けられたとのこと。
オトノリの瀬の激流を巧みな操作で筏下り。
後ろからパシャリ








いかに激流で名高い北山川でも、水深50mはあろうかという淵もあります。流れも穏やかな淵は、筏流しでは容易に前へ進みません。そんなところでは、櫂で漕いだり、岸辺の岩壁を頼りに押したりして、筏を進めます。 
穏やかな流れの淵でも、筏師さん一苦労。














 筏師の技を、筏に乗りながら実際に体感した後は、元筏師の東さんや久保岡さんたちを囲んでのお食事タイム。
元筏師のみなさんとともに囲む昼食。








 筏師の歴史や、実際に長年筏の操縦に従事してこられた方々ならではの説得力ある筏文化について語っていただきました。参加者の皆さんも興味津々でした。
 
 北山川の筏下りは、毎年5月~9月にかけて行われております。今年も、暑い夏になりそうです。涼を求めて、筏文化に触れに、筏師の歴史と技と心意気を今に受け継ぐ北山川の筏下りをみなさんも体験してみてはいかがでしょうか。

イベント情報

過去の記事

2017年12月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事