トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート >> 平成23年8月9日(火)・10日(水)高校生写真教室2「めざせ!写真甲子園」を開催しました!!

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

平成23年8月9日(火)・10日(水)高校生写真教室2「めざせ!写真甲子園」を開催しました!!

2011年08月09日

熊野古道の夏! In馬越峠!!熊野古道センター周辺・熊野古道「馬越峠」・紀宝町紀伊長島区長島をフィールドに、高校生写真教室2「めざせ!写真甲子園」を開催しました。参加者は、三重県内の高校生80名のみなさん!
 講師は、新宮市在住のプロカメラマン・熊野古道をフィールドに全国へ情報を発信している楠本弘児先生。プロの写真の技と心を、しっかり伝授していただきました。
 めざせ!写真甲子園!!


  ※「写真甲子園」は、全国の高等学校の写真部・サークルを対象として毎年開催されている、全国高等学校写真選手権大会です。実行委員会事務局は北海道東川町。


 プロカメラマンの指導により、撮影の基礎的な知識を学び、高校生ならではの自由な感性・発想を大切にした教室です。
 昨年度に続き第2回目の開催となりました。
 今回は、三重県高等学校写真連盟との両主催での開催。メリノール・上野・四日市商業・四日市工業・高田・宇治山田・飯野・木本、各校写真部所属する若者たちが集まりました。
 参加者のほとんどが、熊野古道にやって来たのははじめてとのこと。
 若い感性で、熊野古道や三重県東紀州地域の魅力を“写真”に表現していただきました。
 
 1日目の8月9日は、暑い夏!!
 まずは、熊野古道や紀伊半島の自然風景写真の第一人者・楠本弘児先生によります講演「熊野古道の魅力」
 熊野古道の歴史的背景をよく知った上で、具体的に、中辺路や熊野三山それぞれの見所、雲海に映える朝日や那智の大滝の季節に応じた多様な姿。そして、熊野古道伊勢路の魅力などなど、語っていただきました。
講師の楠本弘児先生








 その後は、高校生のみなんなが撮影した写真のクリニック。
 主題、撮り手の意図が見る側にダイレクトに伝わるか、撮影した高校生との対話で的確にアドヴァイスしていただきました。
 
 1日目後半戦は、撮影会。
 熊野古道センターとその周辺地域・馬越峠海山側の二箇所を二班に分かれての撮影会でした。

 
 2日目の10日も快晴!!
 紀北町紀伊長島区長島(通称魚町)の案内ガイドグループ「魚まち歩観会(あるかんかい)」のご協力の下に、港町の風情たっぷりの町なかを探検しながら撮影会となりました。

趣きのある路地漁船が並ぶ川岸の向こうに、昇降橋が動いています。これぞ、シャッターチャンス!!
アジを開いている風景を激写!地元の人との交流の中からいい写真が生まれるのです。























 両日とも天気に恵まれたとはいえ、暑い中での撮影ごくろうさまでした。
 いい写真は撮れましたでしょうか。
 この夏の体験で得た写真技術と写真魂、そして、三重県東紀州地域の魅力とを、ミックスさせて、これからもすばらしい写真を撮っていただきたいです。



 写真撮影を通じ、熊野古道をはじめ豊かな自然や人々の暮らしなど、熊野地方の様々な魅力を若い世代へと伝えてゆきたいですね。
 また、教室内で撮影した作品は、後日展示会等を予定しています。
 高校生たちが、どんな写真を撮影したのか、乞うご期待!!(詳細は後日HP等にて)

 参加者のみなさんから、写真甲子園に出場者の出現を願って。
 「めざせ!写真甲子園」

イベント情報

過去の記事

2017年12月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事