トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート >> 平成29年3月12日(日)「東紀州の四季を味わう料理教室~これから本番!尾鷲の寒ブリ料理~」を開催しました!!

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

平成29年3月12日(日)「東紀州の四季を味わう料理教室~これから本番!尾鷲の寒ブリ料理~」を開催しました!!

2017年03月12日

ブリ料理 今年度最後の料理教室では、天然ブリ料理を作りました。
村林先生と生徒さん  講師は、三重県立相可高等学校食物調理科の村林新吾先生と調理クラブの生徒さん3名(高岡さん、中川(明)さん、中川(真)さん)です。



 

 今回の食材は尾鷲の定置網漁で獲れた天然のブリです。
熊野灘沿岸では冬から春先にかけて、ブリ漁が盛んです。また、尾鷲市は全国有数のブリの漁場で、ブリは市指定の魚としても親しまれています。

完成品 今回、調理したブリ料理のレシピは次の5品でした。
①ブリの照り焼き
②ブリの造り
③ブリ大根
④ブリのグラタン
⑤粕汁


ブリをさばく様子 まず最初に、約8㎏のブリ2尾をさばきました。
うろこ、内臓をとり、3枚に下ろし、調理で使用する分に切り分けました。





 今回のメニューでは定番のものが中心となっていますが、それは定番メニューが一番ブリを美味しく食べられる調理法だからだそうです。
 ①の照り焼きでは、切り身に小麦粉をまぶして、フライパンで焼きます。焼き色がついたらタレをからめます。小麦粉をまぶすことでタレにとろみがついて、身によくからまるのです。
ブリの造り
 ②の造りには、塩昆布を添えました。この塩昆布により刺し身の生臭さが軽減されるそうです。ちょっと変わった食べ方ですが、参加者からは好評の声をききました。ぜひ、一度お試しください。



 ③のブリ大根では、あらかじめ大根を下茹しておきます。
中心まで煮汁が染み込んである大根が見えますが、ブリ大根を何日も煮るとこうなります。しかし大根の周囲に味が染み込み、中心が白いままでも十分ブリ大根は美味しいのです。ブリの脂と大根の淡白な味の対比が大事だそうです。
 ④のブリのグラタンは、創作料理です。玉ねぎをソテーしてグラタン皿にひき、その上に下茹でしたブロッコリー、ジャガイモ、人参をのせます。一口大のブリを塩コショウ、そして小麦粉をまぶしてソテーし、グラタン皿へ。ホワイトソース、粉チーズをかけて180℃のオーブンで10分程度加熱してできあがりです。
 ⑤の粕汁は、野菜を出し汁でやわらかくなるまで煮て、酒粕、ブリ、赤味噌の順で入れます。

試食の様子 以上の5品を作ったところで試食です。今の時期、尾鷲ではブリが獲れ始め、参加者からはタイムリーな食材で、いろいろな調理法を学べてよかったとの声が聞かれました。

 さて、次回の料理教室は6月25日(日)を予定しています。詳しい内容は決まり次第お知らせします。皆さん、お楽しみに!

イベント情報

過去の記事

2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事