トップページ >> イベント情報 >> イベントレポート >> 令和元年10月6日(日)世界遺産登録15周年記念「熊野古道センタースカイランタンフェスティバル」

イベントレポート

 熊野古道センターにてこれまで開催してきた各種イベントの様子をご紹介します。

令和元年10月6日(日)世界遺産登録15周年記念「熊野古道センタースカイランタンフェスティバル」

2019年10月06日

夜空に浮かぶスカイランタン秋晴れの中、芝生広場を使用した様々な体験やマルシェを楽しんでいただきました。
 世界遺産登録15周年記念事業の一環として、熊野古道センター芝生広場を舞台に、子どもから大人まで楽しめる交流イベントを開催しました。
ヒノキの木工体験
クッブ体験
ビー玉転がし
ヒノキのボールプール




















 尾鷲ヒノキに触れていただける木工体験では、たくさんの子供達が、ドアプレートや掛け時計、キーホルダー、本棚作りに参加してくれました。また、小さな子供達に人気だったのが、ヒノキのボールプールとビー玉転がしです。特にビー玉転がしでは、汗を流しながら12メートルのロングSlowPを流れるビー玉を追いかけている子供達の姿が印象的でした。
 クッブ体験コーナーでは、日本クッブ協会認定普及指導員の方2名によるご指導の下、多くの方にクッブの楽しさを体感していただきました。
巡礼姿でパシャ!
 みんなでつくる熊野古道アートでは、巡礼衣装を着て、手甲・脚絆・菅笠・杖を身に着け、旅人姿に変身した人たちを、インスタントカメラで撮影し、熊野古道をイメージしてエクリュのメンバーが描いてくれたボードにペタペタ貼っていきました。朝は真っ白だったボードに絵や写真が加わり、午後には作品として徐々に完成していきました。熊野古道センターでは、12月28日(土)より、エクリュによる空間アート展を開催する予定ですが、今回の作品は会場の入り口に展示させていただきます。



アニメ上映会








焼きたてピザプチマルシェ篠笛パフォーマンス














 今回は尾鷲商工会青年部のご協力で、14店舗が出店するプチマルシェも開催し、とても盛況でした。みなさん、お気に入りのお店を見つけて楽しく交流していました。12月1日(日)には、芝生広場一面にお店が立ち並ぶ『おわせマルシェ』が開催されますので、今回ご来場いただけなかった方も、お楽しみに。
 さて、夕方からはお楽しみのスカイランタンフェスティバルを開催しました。朝からチケットをご購入いただいた240組にご参加いただき、夜空にランタンの灯りが浮かぶ幻想的な光景を楽しませていただきました。それぞれの願いやイラストが描き込まれたスカイランタンが一斉にリリースされた瞬間には、歓声が上がり、開催して良かったなあと改めて思いました。
願いを込めて 初めての開催で、制作に時間がかかってしまうなど、ご参加の皆様にはご迷惑をお掛けしました。そんな私たちを見かねて、たくさんの方がお手伝いしてくださいました。本当にありがとうございました。
 さて、世界遺産登録15周年事業はまだまだ続きます。11月2日(土)スタートの企画展「矢ノ川峠物語」の付属事業として、11月10日(日)には、映画『道』の上映会を開催します。また、12月7日(土)より3週連続で開催する『伊勢路踏破ウォーク』では、尾鷲から熊野までの伊勢路ルートを3日間で踏破します。詳しくは、ホームページの『イベント情報』をご覧ください。

イベント情報

過去の記事

2019年10月の記事
2019年09月の記事
2019年08月の記事
2019年07月の記事
2019年01月の記事
2018年12月の記事
2018年11月の記事
2018年10月の記事
2018年05月の記事
2017年12月の記事
2017年07月の記事
2017年06月の記事
2017年05月の記事
2017年04月の記事
2017年03月の記事
2017年02月の記事
2016年12月の記事
2016年11月の記事
2016年09月の記事
2016年07月の記事
2016年03月の記事
2016年01月の記事
2015年12月の記事
2015年10月の記事
2015年08月の記事
2015年06月の記事
2015年05月の記事
2015年04月の記事
2015年03月の記事
2015年01月の記事
2014年11月の記事
2014年10月の記事
2014年08月の記事
2014年07月の記事
2014年06月の記事
2014年05月の記事
2014年03月の記事
2014年02月の記事
2014年01月の記事
2013年11月の記事
2013年08月の記事
2013年07月の記事
2013年06月の記事
2013年05月の記事
2013年04月の記事
2013年03月の記事
2013年02月の記事
2012年12月の記事
2012年09月の記事
2012年07月の記事
2012年06月の記事
2012年05月の記事
2012年04月の記事
2012年03月の記事
2012年02月の記事
2012年01月の記事
2011年10月の記事
2011年08月の記事
2011年07月の記事
2011年06月の記事
2011年05月の記事
2011年04月の記事
2011年03月の記事
2011年02月の記事
2010年12月の記事
2010年11月の記事
2010年10月の記事
2010年09月の記事
2010年08月の記事
2010年07月の記事
2010年06月の記事
2010年05月の記事
2010年04月の記事
2010年03月の記事
2010年02月の記事
2010年01月の記事
2009年12月の記事
2009年11月の記事
2009年10月の記事
2009年09月の記事
2009年08月の記事
2009年07月の記事
2009年06月の記事
2009年05月の記事
2009年04月の記事
2009年03月の記事
2009年02月の記事
2009年01月の記事
2008年12月の記事
2008年11月の記事
2008年10月の記事
2008年09月の記事
2008年08月の記事
2008年07月の記事
2008年06月の記事
2008年05月の記事
2008年04月の記事
2008年03月の記事
2008年02月の記事
2008年01月の記事
2007年12月の記事
2007年11月の記事
2007年10月の記事
2007年09月の記事
2007年08月の記事
2007年07月の記事
2007年06月の記事
2007年05月の記事
2007年04月の記事
2007年03月の記事
2007年02月の記事